裾(すそ)

裾(すそ)

着物は、裾つぼまりのほっそりとしたシルエットに着付けるのがもっとも美しいとされます。

着物の着付けと着こなしの美しさを握る重要なカギは、わき線から裾にかけてのまっすぐに伸びた直線にあります。

美しい裾に着付けるコツ

裾は、つま先があがるように着付けます。

下前は裾から15センチほどあげて、上前は右上がりになるように上前つま先を5センチ程度引き上げて線を整えます。

しわが出ないようにシャキッと腰ひもを締めます。わき線のつぼまった美しい着付け姿をキープするためには、腰ひもをしっかりと締めるのがポイントです。

体型別すその着付け

やや太りぎみの人は、少し長めに着付けたほうが体型にフィットします。

やせ型の方の場合は、骨っぽい身体の線が強調されないように上前すそ線のつま先をあまり上げないようにします。上げすぎるとしわが出やすくもなります。

着物やTPOによる裾の着付け

留めそで・訪問着・小紋

留めそでや訪問着の場合は落ち着きと重厚さを出す装いにします。

すそたけは、かかとよりも長めにします。前はぞうりの鼻緒がみえる程度にし、後ろはぞうちのかかとにかかる程度が適当でしょう。

小紋の場合は丈を長めにします。ちょうどかかとぐらいの丈にし、つま先も上げかげんにすると良いでしょう。


街着・普段着

つむぎやウールの場合は、足のくるぶし下までの裾丈にします。つま先はあまり上げないようにします。身体に着物がきつく巻きついてしまい、裾さばきが悪くなって動きにくくなります。


スポンサードリンク