お葬式の着物

お葬式の着物

冠婚葬祭は、着物の着付け方の中でも特にしきたりに配慮することが大切となり、着物を着慣れない方にとって頭が痛いものです。

結婚式においては、あくまで花嫁が主役ですから、花嫁そっちのけの派手ないでたちで式に参列することは控えたいものです。

また、お葬式においては、亡くなった方やそのご遺族の悲しみを配慮し、装いをすることが大切です。

特にお葬式の装いは、肉親の方がお亡くなりになった場合と、親戚の方のご不幸、あるいは友人、お知り合い、ご近所の方のご葬儀などいろいろな場合があります。

亡くなった方との関係によって、その装い方も違ってきます。


◆着物

普通、女性の正式な喪装というと、黒の喪服が考えられます。
黒地の染め抜き五つ紋付を意味します。
生地は関西と関東で異なり、関西では一般にちりめんを、関東では羽二重(はぶたえ)を用いるのが恒例です。
いずれも地模様のない無地のものを用います。


◆帯

黒共名古屋帯または袋帯で、無地のものを(たとえば、紋襦子(じゅす)など、が良いでしょう)締めます。


◆帯締め・帯揚げ

帯締めは黒平綸子(ひらりんず)、あるいは羽二重の丸ぐけに、帯揚げも合わせて黒平綸子が良いとされます。


◆草履(ぞうり)

足もとへの配慮も大切です。
喪装の際には、草履は台が黒、鼻緒も黒の布地が正式とされます。
あるいは、つや消しの皮のものでもいいでしょう。


お葬式の装いにおいて大切なのは、悲しみの心を誠実にあらわすようにすることです。

そのためには、目立つことのないよう控えめにすることを第一とします。


スポンサードリンク