着物の仕立て

着物の仕立て

着物を美しく着付けるためには、体型に合わせてきものを仕立てることが大切です。

仕立てに際してポイントとする点は5つです。

身丈(みたけ)とおはしょり、衿下(えりした)、衿元(えりもと)、裄(ゆき)、身幅(みはば)で、さらに、柄の配置についても考慮することが大切です。


1、 身丈(みたけ)とおはしょり

着丈におはしょりを加えたものが「身丈」となります。
着る人の身長と同じくらいに見積もるのが一般です。
ただし、おはしょりの分量をどれほどとるかや、腰紐を締める位置によって身丈の長さは変わってきます。


2. 衿下(えりした)

「衿下」の寸法は、衿つけどまりから裾の褄先(つまさき)までです。
目安は、腰ひもを締める位置から3センチ〜5センチ下ほどに衿先がくるようにするとよいでしょう。
衿下が短すぎると背が低く見えますし、長すぎると衿先が腰紐から外れてしまい、着崩れを招きます。


3.衿元(えりもと)

理想は、首にきれいにそった衿の線を出すようにすることです。
着る人の好みやきもの種類によって、繰越し、衿の肩明きを加減します。


4. 裄(ゆき)

裄丈は、袖幅に肩幅を加えたものですが、袖幅を肩幅よりも2センチ程度広くすると良いバランスになります。
両手を水平にあげ、手首にわずかにかかり、手を下げたときには手首と袖口どまりが添うようにすると良い形です。


5. 身幅(みはば)

脇線が、身体の厚みの真ん中から少し前程度に位置するようにして決めます。


スポンサードリンク