補整箇所と体型補整用の小物

補整箇所と体型補整用の小物

体型に合わせて立体的に仕立てる洋服と異なり、着物は直線裁ちです。

本来、くぼみや出っ張りのあるのが人間の体型ですから、着物を美しく着付けるためには、身体の凹凸をなくし、できるだけ「ずん胴」に近づけることが大切です。

補整を行う箇所

標準的な体型の方の場合、補整をおこなう箇所は基本的に4ヵ所で、衿元、みぞおち、ウエスト、ヒップ(ヒップの上のくぼみ)です。つまり、くぼんでいるところを埋めると考えると良いでしょう。


1. 衿元

衿元のくぼみを埋め、バストをおさえることで衿合わせを安定させます。
衿元をなだらかに見せるようにします。


2. みぞおち

みぞおちのくぼみは、着付けたときにきものにしわをつくる最大の原因です。
帯にもしわを作ってしまいます。


3. ウェスト

くぼんだままで着物を着付け、腰紐を締めると裾が広がってしまいます。
帯も不安定になりますので「ずん胴」にします。


4. ヒップ(ヒップの上のくぼみ)

ヒップのくぼみを補整すると、おたいこの形が美しくなり、後姿が引き立ちます。

補整に用いる小物

着物の着付けで、補整に用いる小物は次のものです。


1. 和装コルセット

腹部の出っ張りや腰を引き締めるために用います。


2. 和装用ブラジャー

バストを誇張させないために押さえる意味でのブラジャーです。
洋装のブラジャー(胸を大きく見せるものが多いですね)とは、全く逆の発想です。
とはいえ、普通の体型の方ならつけなくてもいいでしょう。
多少、自然なふくらみのあるほうが女性らしいともいえます。


3. 前肩パット

やせて前肩が骨ばっている方、肉付きが少ない方の場合、えり付けにしわが出て着付けが美しくありません。それを補整するものです。


4. 腰パット、腰ぶとん

腰パットは、ヒップが上がっている方(洋装でいうときには逆にかっこいいヒップの形です!)、腰上部に厚みの足りない方に用います。
腰ぶとんは、ヒップの下がった人や、出っ張っている人に用い、帯下の貧弱さや帯のたれの跳ね上がりを押さえます。


5. 腰巻き(胴帯)

ウェストが細い人に用います。


6. わきパット(腰骨当て)

腰にふくらみのない人や、腰骨が出っ張っていて帯端が当たって痛いなどといった人に用います。


スポンサードリンク